現在の『さくさくタイピング』上位3名

通信画面

当ページは様々なキーボードを紹介しているページだ。
キーボードを変えるだけで打ちやすさや指への負担が変わってくるぞ。
是非自分に合ったキーボードを見つけてみてくれ。

003 キーボードのススメ
003 recommended keyboard

003_A 静電容量無接点方式

静電容量無接点方式とは圧倒的な耐久性と心地良いキータッチが特徴のキースイッチのことである。圧倒的な耐久性を可能としているのは無接点という名のとおりキー入力の際に電極に直接触れることがないので、よくあるメンブレンスイッチと比べて壊れにくく構造上半永久的に使用可能である。キータッチも良く,スイッチの荷重も30g,45g,55gと3種類がある。また,底までキーを押し下げずとも1mmほど押し下げるだけで押したと認識されるため,訓練しだいでほとんど力を入れずに打鍵できるようになる。 タイピングを行うのに非常に適したキーボードであると言えるだろう

003_C 東プレ「リアルフォース」

リアルフォースキーボード

静電容量無接点方式と言えばこのキーボードを思い浮かべる方も多いのではないだろうか。2019年タイピング日本一を決めるREALFORCEチャンピオンシップ優勝者であるmiriさん他、様々なタイパーが使用している超有名キーボード。スコスコした特徴のある打鍵感と、キータッチの軽さによる指への負担の少なさ、理論上半永久と言われる圧倒的な耐久性から仕事で入力を主とする方々にまで皆に愛されている。

東プレ REALFORCE R2 Amazonはこちら

003_C PFU「HHKB」

HHKBキーボード

静電容量無接点方式の特徴である耐久性の高さは勿論のこと、コトコトという独特な感触の打ち心地は上品で最高級であり、省スペースなためプログラマ等に非常に好まれているキーボード。リアルフォースと比較し方向キーが無かったり配列が特殊な為に上級者向けになる

HHKB Professional HYBRID Type-S Amazonはこちら

003_B メカニカル方式

メカニカルキーボードとは、各キーがそれぞれ独立した構造をしているキーボードのことである。ノートパソコンなどのキーボードに採用されている「パンタグラフ方式」や「メンブレン方式」とは構造が異なる。全てのキーが独立しているため、ひとつのキーが破損してしまってもその部分だけ修理をすれば使い続けることが可能。また、金属製のバネや機械式のスイッチで作られているので、耐久性に優れており、しっかりとしたクリック感が得られる。青軸や赤軸と呼ばれる軸を変えることで、クリック感や、静音性、入力までの速度など自分好みのキーボードにカスタマイズしたりすることも可能なため 自分好みの一品を見つけたい方にオススメのキーボードだ。

003_D FILCO 「Majestouch2」

FILCOキーボード

FILCOはキーボード周辺機器などを販売しているダイヤテック株式会社のキーボード専門ブランドだ。 キーの反発感や音が赤軸と青軸の中間となっており打鍵音が大きすぎないため、初めてメカニカルキーボードを購入する方にオススメである

FILCO Majestouch2 Amazonはこちら

003_D Razer BlackWidow V3 TKL

Razerキーボード

Razer社から2020年8月31日発売された新型のテンキーレスメカニカルキーボードだ。グリーン軸が採用されており、打鍵音が比較的大きめでありキー入力をしっかり感じたい人にはお勧めだ。

BlackWidow V3 TKL Green Switch Amazonはこちら