現在の『さくさくタイピング』上位3名

通信画面

当ページはメカニカル方式のキーボードの解説をしている。
メカニカル方式のキーボードはよくゲーマーに好まれているが
軸を変えることで自分好みにカスタマイズが容易だからだろうな。

003 メカニカル方式
003 mechanical type

003_B_1 メカニカル方式とは

メカニカルキーボードとは、各キーがそれぞれ独立した構造をしているキーボードのことである。ノートパソコンなどのキーボードに採用されている「パンタグラフ方式」や「メンブレン方式」とは構造が異なる。全てのキーが独立しているため、ひとつのキーが破損してしまってもその部分だけ修理をすれば使い続けることが可能。また、金属製のバネや機械式のスイッチで作られているので、耐久性に優れており、しっかりとしたクリック感が得られる。青軸や赤軸と呼ばれる軸を変えることで、クリック感や、静音性、入力までの速度など自分好みのキーボードにカスタマイズしたりすることも可能なため 自分好みの一品を見つけたい方にオススメのキーボードだ。

003_B_1 FILCO 「Majestouch2」

FILCOキーボード

メカニカルキーボードの定番ブランドであるFILCO社製だ。 キーの反発感や音が赤軸と青軸の中間となっているため、初めてメカニカルキーボードを購入する方にオススメである

FILCO Majestouch2 Amazonはこちら

003_B_1 Razer BlackWidow V3 TKL

Razerキーボード

Razer社から2020年8月31日発売された新型のテンキーレスメカニカルキーボードだ。グリーン軸が採用されており、打鍵音が比較的大きめでありキー入力をしっかり感じたい人にはお勧めだ。

BlackWidow V3 TKL Green Switch Amazonはこちら

003_B_1 良い点

  • クリック感、レスポンスを楽しめる
  • 軸を変えることで自分好みにカスタマイズ出来る
  • それぞれのキーが独立しているため、修理が容易
  • 金属製のスプリングが使用されているため耐久性がそこそこ高い

003_B_1 悪い点

  • 軸によっては打鍵音が大きい(音はカチカチ系)
  • メンブレン方式やパンタグラフ方式と比較して金額が高い
  • 選択する軸によっては指への負担が大きく腱鞘炎の危険性がある