現在の『さくさくタイピング』上位3名

通信画面

当ページではローマ字入力とかな入力について解説している。
それぞれにメリット、デメリットがあるが
当サイトではローマ字入力を推奨しているぞ

001 ローマ字入力とかな入力
005 input method

001_A_5 入力方法は2種類

タイピングする際の入力方法は基本的に2種類あり、「ローマ字入力」と「かな入力」があるぞ。PCユーザーの95%以上はローマ字入力で行っていて広く使用されている。当サイトでは初心者の方がタッチタイピングを習得する事を目的としているため、 習得難易度が低く一般的に使用されている「ローマ字入力」を推奨している。

001_A_5 ローマ字入力のメリット

①基本的に使用するキーの数が26個と少なく、指を動かす範囲が3段のみなので習得までの時間が速い
②アルファベットで覚えているので、英語の入力が容易である
③数字、記号の入力に切り替えを要さない為、かな入力に対して容易に打てる

001_A_5 ローマ字入力のデメリット

①かな入力と比較し、日本語入力のみであれば打鍵数が増える為、入力時間が長く掛かる傾向がある

001_A_5 かな入力のメリット

①日本語入力のみであれば打鍵数が少なくて済む為、ローマ字入力より速い
②キーボードに印字された文字がそのまま出力されるため、初心者の導入障壁が低い

001_A_5 かな入力のデメリット

①覚えるキーの数が48個と多く、指を動かす範囲が広いためタッチタイピングを習得する難易度が高い
②アルファベット配列を別途覚える必要があり、英語の入力を苦手とする
③数字、記号の入力に切り替えが必要であり直接打てないため、苦労する事がある

次のページへ_